MT4からMT5に移植し易いEAとは?

前回の記事では、「MQL4の機能にMQL5の機能が追加される事が多くなった」という事を書きました。

そこで、今回はどのようなEAがMT4からMT5に移植し易いのかをまとめてみます。


○作成時期が新しい

これは、新しいEA程プログラムの互換性が高くなるという事が理由になります。

逆に言えば、古いEA程昔の関数を利用している可能性が高く、互換性が低くなります。


○機能が単純

機能が単純なEAは、プログラム自体もシンプルな作りになります。

なので、比較的移植がし易い事になります。


○プログラムのサイズが小さい

これは、上記の「機能が単純」という内容と重複しますが、プログラムのサイズが小さいということは、比較的シンプルなEAと言えるからです。


ですが、これらについてはあくまでも一般論にすぎず、EAやインジケータによっては必ずしも条件に一致するとは限らないので注意が必要です。

最も確実なのは、実際のプログラムを解読してみる事ですね。


管理人が運営しているEA作成代行サイト「シストレパートナーズ」でも、MT4からMT5に移植する作業も受け付けています。


スポンサーサイト

メタクオート社はMT4を抹消しようとしているのか?

久しぶりにMT4の新規インストールの必要が生じたので、メタクオート社のHPにアクセスしてみたのですが、MT4のインストーラーがダウンロード出来ませんでした。

それらしきファイルはダウンロード出来るのですが、実際にはMT5がインストールされてしまいます。

どうしてこのような状況なのか、少しだけ調べてみました。

結論としては、メタクオート社はMT4を抹消し、代わりとしてMT5を普及させていきたいという思惑があるようなのです。

確かにMT5にはMT4には無い機能が実装されていますが、ブローカーがMT5への移行に追いついていないのが現状だと思います。

そのような状況で、メタクオート社ばかりが先走ってMT4を抹消しようとするのは、ユーザー側からするとあまり印象が良くないですね。

MT5については、日々バージョンアップが繰り返されており、機能の充実が図られています。

ある時期から、MQL4の機能にMQL5の機能が追加される事が多くなっていましたが(現状では完全互換には程遠い)、今考えるとMT5への移行をスムーズに行わせる為のメタクオート社の思惑があったのかも知れません。

今後の国内シェアの動向に注目していきたい所です。


管理人が運営しているEA作成代行サイト「シストレパートナーズ」でも、MT5のEA・インジケータ等の開発も受け付けています。

トレンドラインを抜けたら自動で決済をしてくれるEAをリリースしました

管理人が運営しているEA作成代行サイト「シストレパートナーズ」にて、新たなEAをリリースしました。

TrendLineExitEASample.jpg

トレンドラインを抜けたら自動で決済をしてくれる「TrendLineExitEA」です。

チャートの節目にトレンドラインを引くのは裁量取引では定番の作業ですが、ポジションを決済するトリガーとしてトレンドラインを利用する事もかなり多かったりします。

そんな時に役に立つのがこのEAです。

本EAをチャートのセットし、決済したいラインを描画しておけば、ラインをクロスしたと同時にポジションを決済してくれます。

ポジションの指定方法は、マジックナンバーで指定する方法と、チケット番号で指定する方法の2種類を用意しているので、裁量取引はもちろん、EAでの自動売買でも利用可能です。

バックテスト期間の決め方について

EAの性能評価に於いてバックテストを行うのは当然ですが、このバックテストの手順次第で全く意味の無い事を行ってしまう場合があります。

特に、テストに時間がかかるようなEAでは、いかに効率良くEAの評価が行えるかが時間短縮の鍵になります。

私の持論では、取引回数に重点を置いてテストを行うのが最も効率が良く、EAの評価が出易いと考えています。


①適当な期間(現在から遡って直近のテスト期間、例えば直近1ヶ月間等)でバックテストを行う。

 この時、モデルは「全ティック」である必要は無く、「コントロールポイント」で十分。

 但し、「全ティック」のテスト結果と「コントロールポイント」のテスト結果が大きく異なるようなEAの場合は、「全ティック」で行う。


②テスト結果から取引回数を確認し、最低でも100回以上は取引が行われている事を確認する。

 取引回数が少ない場合には、①の期間のみを広げて、再度同一条件のテストを行う。


③取引回数が100回以上なら、次はPF(プロフィットファクター)を確認。最低でも2.0以上とする。


③の時点で条件をパスしたEAは、フォワードテストを実行します。


大事なのは①のテスト期間で、無闇に長期のバックテストを行っても時間の無駄になる事が多いです。

その理由は、シストレが浸透している現在の相場では、過去の値動きと現在の値動きは、かなり異なった物だという考えからです。

MT4からMT5への移植について

ここ最近、MT4からMT5への移植の依頼・問い合わせが増えてきています。

基本的には、おおよそのEAやインジケータは移植が可能です。

ですが、その前提条件として「mq4」ファイルが存在する事が必要になります。

「ex4」ファイルのみの場合には、仕様を起こす作業が追加で発生してしまう事があるので、どうしても割高になってしまいます。

お見積りはこちらまで。

アクセスカウンター
プロフィール

大和

Author:大和
フリーランスのプログラマーです。

EA作成代行承ります
最新記事
カテゴリ
広告
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中
応援よろしくお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード