MT4が勝手にアップデートしてしまったorz

メタクオート社がまたやらかしてくれました。(`o´)

MT4の起動パラメータに「/skipupdate」を指定しているのにもかかわらず、自動更新が強行されてしまいました。

現在のバージョンは「Build 1121 (26 Apr 2018)」となっています。

これでまた不具合が出たら...。

スポンサーサイト

「TrendLineEntryEA」を使って13Pips

またもやドル円で典型的なブレイクアウトが発生していました。

USD Sell
USDJPYM5ブレイクアウト

ちょくちょくチャートをチェックしていると割と多くのエントリーポイントがありますね。

勿論全てのポイントで利益が出る訳ではありませんが、そこそこの確率で取れそうです。

管理人が運営しているEA作成代行サイト「シストレパートナーズ」では、「TrendLineEntryEA」が好評発売中です。

バックテスト・最適化を自動で連続実行してくれるツールをリリースしました

以前、「複数通貨ペア・複数時間足のバックテスト(と最適化)を自動で行うTips」という記事を書きましたが、もっと手軽に実行出来るようにアプリ化してみました。

このアプリを使えば、複数のMT4を並列で連続実行する事が可能になります。

CPUパワーに余裕があるPCなら、手作業で1パターンずつバックテストしていくよりも格段に効率良くテストできます。

BackTestAutoTool1.jpg

詳しくはこちら

MT4のインストールドライブの容量を増やすTips

バックテストや最適化を繰り返していると、HDDの容量が少なくなっていきます。

大容量のHDDを搭載しているPCでしたら問題無いのですが、いつも容量不足に悩んでいるという方へのTipsを紹介します。

①MT4の[ファイル]-[データフォルダを開く]

②[tester]配下の[caches]フォルダ内のファイルを全て削除。

③[tester]配下の[logs]フォルダ内のファイルを全て削除。

④[tester]配下の[logs]フォルダ内のファイルを全て削除。

以上で、かなりのHDD容量が空くのではないかと思います。


定期的に上記の操作を行う事で、HDDの容量不足が解消されるのではないでしょうか。

「TrendLineEntryEA」を使って50Pips

昨日はドル円で典型的なブレイクアウトが発生していました。

TrendLineEntryEA」を使った自動売買では、下記のように利益がゲットできていたようです。

USDJPYM5ブレイクアウト
USDJPYM5ブレイクアウト

USDJPYM15ブレイクアウト
USDJPYM15ブレイクアウト


いつもこのような素直なブレイクアウトが発生する訳ではありませんが、確率的には悪くない手法ですね。


管理人が運営しているEA作成代行サイト「シストレパートナーズ」では、「TrendLineEntryEA」が好評発売中です。

アクセスカウンター
プロフィール

大和

Author:大和
フリーランスのプログラマーです。

EA作成代行承ります
最新記事
カテゴリ
広告
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中
応援よろしくお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード