MT5の経済指標フラグの色の意味は?

今回もMT5の経済指標フラグのネタです。

このフラグの色ですが、ピンク・水色・白の3色で構成されています。

この色の意味は、下記の通りのようです。

ピンク・・・予想よりも結果が悪かった。(ネガティブだった)

水色 ・・・予想よりも結果が良かった。(ポジティブだった)

白  ・・・予想無し。

この情報を売買の材料の1つとして利用すれば、より勝率が上がるかもしれませんね。


管理人が運営しているEA作成代行サイト「シストレパートナーズ」でも、MT4からMT5に移植する作業も受け付けています。
スポンサーサイト

MT5の経済指標フラグはMQL5から参照出来るのか?

参照が出来るようならば、重要な経済指標の前には取引を自動で停止させるようなロジックの実装が可能になります。

そこで、ちょっと調べてみたのですが、現状では参照出来ないようでした...。_| ̄|○

もしかしたら近い将来、参照が可能になるかも知れませんので、MQL5のバージョンアップに期待したい所です。


管理人が運営しているEA作成代行サイト「シストレパートナーズ」でも、MT4からMT5に移植する作業も受け付けています。

MT5を久しぶりに起動したら、経済指標フラグが実装されていた

最近まで知りませんでした。^^;

mt5経済指標フラグ

MT4では幾つかのカスタムインジケータでこのような機能がありますが、MT5で標準装備されているとは。

出来ればMT4にも標準装備してくれれば嬉しいのですが、メタクオート社はMT4を見限ったみたいですし...。

当分は、双方のウィンドウを起動して切り替えて使うしか無さそうですね。


管理人が運営しているEA作成代行サイト「シストレパートナーズ」でも、MT4からMT5に移植する作業も受け付けています。

MT4からMT5に移植し易いEAとは?

前回の記事では、「MQL4の機能にMQL5の機能が追加される事が多くなった」という事を書きました。

そこで、今回はどのようなEAがMT4からMT5に移植し易いのかをまとめてみます。


○作成時期が新しい

これは、新しいEA程プログラムの互換性が高くなるという事が理由になります。

逆に言えば、古いEA程昔の関数を利用している可能性が高く、互換性が低くなります。


○機能が単純

機能が単純なEAは、プログラム自体もシンプルな作りになります。

なので、比較的移植がし易い事になります。


○プログラムのサイズが小さい

これは、上記の「機能が単純」という内容と重複しますが、プログラムのサイズが小さいということは、比較的シンプルなEAと言えるからです。


ですが、これらについてはあくまでも一般論にすぎず、EAやインジケータによっては必ずしも条件に一致するとは限らないので注意が必要です。

最も確実なのは、実際のプログラムを解読してみる事ですね。


管理人が運営しているEA作成代行サイト「シストレパートナーズ」でも、MT4からMT5に移植する作業も受け付けています。


バックテストのビジュアルモードでトレードの練習ができるツール

少し手が空いたのでタイトルのようなツールを作ってみた。

ビジュアルモードの再生中に「Buy」ボタンを押すと、その場で規定ロットにて成行買注文を行う。

また、「Close」ボタンを押すと、その場で決済を行う。

VisualModeTradeEA

VisualModeTradeEA2

もちろん、任意のインジゲータを表示させることも可能。

ちょっとしたトレード練習にはいいかもしれない。


アクセスカウンター
プロフィール

大和

Author:大和
フリーランスのプログラマーです。

EA作成代行承ります
最新記事
カテゴリ
広告
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中
応援よろしくお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード